質問&ディスカッション

takahiro
参加者

【Slack連携要望】ワークフローで特定のチャンネルへのユーザーメンション機能要望

解決

【要望】

現在Slackでは、ワークフロー上で特定のチャンネルへのメンションができませんが、

ワークフローで特定のチャンネルへSalck・Hubspotユーザーへメンション出来ようにしてほしいです。

 

【利用用途】

WEB問い合わせをセールスマネジャに通知し静的リストに格納

(Slackセールスチャンネル1:この時もマネジャにメンションで通知したい)

静的リストでコンタクトのコンタクト担当者を変更

自動でセールス担当者へSlackのセールスチャンネル2で通知

(このときにセールス担当者へメンションしたい)

 

また、Slackの送信メッセージでフォーム名等も現在トークンで

入れることができないので、これも追加していただきたいです。

 

上記が難しいのでZapier経由となっており、管理がヘルシーではないので、

出来ればHubspot内でできると楽です。

2件の承認済みベストアンサー
marykashima
解決策
キーアドバイザー | Gold Partner
キーアドバイザー | Gold Partner

【Slack連携要望】ワークフローで特定のチャンネルへのユーザーメンション機能要望

解決

takahiro さん
弊社も自動通知系を実装しています。

Slack API経由の記法を使ってメンション飛ばせます。
参考記事
ワークフローキャプチャではこのような書き方をしています。
このケースでは、Slack内でユーザグループを定義し、特定のチャンネルにグループメンションで飛ばしています。
@here の場合なら、<!here>でできます。
参考になれば幸いです。
受付くん_CRH分岐用_ver-3-HubSpot.png

 

 

 


Mary Kashima
HubSpot Community Champion
Grow Better at Community 2021
著書「HubSpotワンストップマーケティング」発売中

株式会社クリエイティブホープ HubSpot Platinum Partner

元の投稿で解決策を見る

takahiro
解決策
参加者

【Slack連携要望】ワークフローで特定のチャンネルへのユーザーメンション機能要望

解決

アドバイスありがとうございます。

 

色々調べ、試した結果、Slackユーザーへの各チャンネルの通知に関しては、

<@メンバーID> をワークフロー「Slack通知」のテキストエリアに入れると

各チャンネルへSlackユーザーへのメンバー通知をすることができました。

 

プロパティーにメンバーIDを入れておいてもコンタクトトークンはSlackのメンションが

機能しないので、そこは仕様かと思いますが、コンタクトトークンで呼び出せると

ワークフロー時に担当分の分岐を作る必要がなくなるので、設定が負担が大きく

減ると思います。機能アップデートに期待です。

元の投稿で解決策を見る

2件の返信
marykashima
解決策
キーアドバイザー | Gold Partner
キーアドバイザー | Gold Partner

【Slack連携要望】ワークフローで特定のチャンネルへのユーザーメンション機能要望

解決

takahiro さん
弊社も自動通知系を実装しています。

Slack API経由の記法を使ってメンション飛ばせます。
参考記事
ワークフローキャプチャではこのような書き方をしています。
このケースでは、Slack内でユーザグループを定義し、特定のチャンネルにグループメンションで飛ばしています。
@here の場合なら、<!here>でできます。
参考になれば幸いです。
受付くん_CRH分岐用_ver-3-HubSpot.png

 

 

 


Mary Kashima
HubSpot Community Champion
Grow Better at Community 2021
著書「HubSpotワンストップマーケティング」発売中

株式会社クリエイティブホープ HubSpot Platinum Partner
takahiro
解決策
参加者

【Slack連携要望】ワークフローで特定のチャンネルへのユーザーメンション機能要望

解決

アドバイスありがとうございます。

 

色々調べ、試した結果、Slackユーザーへの各チャンネルの通知に関しては、

<@メンバーID> をワークフロー「Slack通知」のテキストエリアに入れると

各チャンネルへSlackユーザーへのメンバー通知をすることができました。

 

プロパティーにメンバーIDを入れておいてもコンタクトトークンはSlackのメンションが

機能しないので、そこは仕様かと思いますが、コンタクトトークンで呼び出せると

ワークフロー時に担当分の分岐を作る必要がなくなるので、設定が負担が大きく

減ると思います。機能アップデートに期待です。