【2021年10月】製品アップデート まとめ

natsumimori
by: コミュニティーマネージャー
コミュニティーマネージャー

最近リリースされたHubSpotの製品アップデートをまとめて紹介します!

 

①オブジェクトの関連付け機能が強化されました

対象:Freeを含むすべて

 

待望のアップデートですね^^詳しくは【新Beta】オブジェクトの関連付け機能が強化されましたをご覧ください。

 

②チケットプロパティーとカスタムオブジェクトのプロパティーをリスト生成に使用可能です

対象:Freeを含むすべて

 

チケットのプロパティーとカスタムオブジェクトのプロパティーが、リスト生成のフィルターオプションに追加されました。このアップデートにより、「オープンのチケットが紐づいているコンタクト」を動的リストに抽出する、ということが可能です。

新しいフィルター新しいフィルター

 

③キャンペーンツールに新しくアセットタブが追加されました

対象:Marketing Hub Professional以上

 

キャンペーンに紐づいているアセットを一目で確認することができます。アセットのプレビューも表示されるので、どのアセットのことかわかりやすいですね。

アセットタブアセットタブ

 

④ブログのリスティングページをドラッグ&ドロップで編集できるようになりました

対象:Marketing Hub Professional以上、CMS Hub Starter以上

[⚙] > [ウェブサイト] > [ブログ] > [テンプレート] > [ブログ一覧]

 

リスティングページをドラッグ&ドロップで直感的に編集できるようになりました。

 

⑤タスクを繰り返す機能が追加されました

対象:Service Hub & Sales Hub Starter以上

 

タスク作成時に”繰り返し”の設定をすることができるようになりました。タスクを自動的に毎週作る、毎月作るということが可能です。

タスクの繰り返しタスクの繰り返し

 

⑥個人受信トレイとして接続したGmailやOutlookでスパムフォルダーに入ったメールも、CRMにログされるようになりました

対象:Freeを含むすべて

 

Eメール受信トレイは、必ずしも正確にすべての受信メールをスパムフォルダーに振り分けるわけではありません。実際にはスパムではないメールが、誤ってスパムフォルダーに振り分けられることもあります。このアップデートにより、そのようなスパム扱いになったメールもHubSpot CRMにログされるようになります。

 

⑦関連づけセレクターがパワーアップしました

対象:Freeを含むすべて

 

レコード上でコールなどのアクティビティをログする際、カスタムオブジェクトも関連づけることができるようになりました。

アクティビティーにカスタムオブジェクトを関連付けるアクティビティーにカスタムオブジェクトを関連付ける

 

⑧為替レートの変更履歴を閲覧できるようになりました

対象:すべてのHubのStarter以上

 

[⚙] > [アカウントの既定値] > [通過] > [アクション] > [通過の履歴を表示] > [為替レートの履歴]

 

Screenshot_19_10_21__3_42_PM.png

関連ナレッジベース:アカウントの通過を追加、編集する