自動返信対応について

解決
S-Saito
参加者

顧客対応の工数削減を考えております。

特に資料請求対応が現状は問い合わせに対して手動で各顧客へメール及びPDF添付で対応しております。

 

これらの作業も効率化するために、

HubSpotを利用した場合どのようなソリューションがありますでしょうか?

 

<想定>

①HubSpotで自動返信メール作成 / 送信(PDF添付)

②会員登録後にダウンロードページに遷移

 

メールなどに関しては容量などもありそうなので、

この辺りお伺いできれば幸いです。

https://knowledge.hubspot.com/jp/email/how-do-i-add-a-document-attachment-to-a-hubspot-email

 

2件の承認済みベストアンサー

受理された解決策
Keit
解決策
ガイド役 | Diamond Partner

@S-Saito さま、

HubSpotのMarketing Hubもしくは、Sales Hubの有料版をご利用されると、

以下のような流れになり、現状の業務の効率化ができるかと存じます。

 

① お客様が資料請求

② HubSpotに設定した自動返信文面(テンプレート)を自動送信

③ HubSpotのドキュメント機能を用いて②の文面内に、資料をDLできるリンクを設置(ファイル添付ではございません)

④ 特定の指定した条件によっては、『取引』として案件情報を登録

⑤ 登録された『取引』にかんして、営業担当者がコミュニケーションを開始

⑥ 営業状況の一元管理

 

以上、ご参考になれば幸いでございます。

元の投稿で解決策を見る

Keit
解決策
ガイド役 | Diamond Partner

@S-Saito さま

 

Starterでも機能制限がございますが、実現可能です。

 

少々複雑なのですが、Marketing Hub StarterとProfessionalの違いですが、

自動返信メールのテンプレートのデザインを自由に設定ができたり、

フォームの入力項目で条件分岐を行い、違う種類のメール送信ができるようになります。

その他、ブログ機能や、ソーシャルメディア管理機能など、WEBマーケティングを行うための機能が付与されます。

 

一方、Sales Hubですが、無料版であればドキュメントが登録できるのが、5ファイルまでなのに対し、

Starterプランであれば、5000ファイルまでアップロードできます。

SalesHubに関しましては、利用される人数と、案件担当者の自動割当などを利用するかで、

StarterかProfessionalかをご判断されるとよろしいかと思います。

 

今回のご要件であれば、以下のいずれかのプラン選定がよろしいかと存じます。

 

・Marketing Hub Starter + Sales Hub Starter 

・Marketing Hub Professional + Sales Hub Starter

 

上記、ご参考になれば幸いでございます。

元の投稿で解決策を見る

3件の返信
Keit
解決策
ガイド役 | Diamond Partner

@S-Saito さま、

HubSpotのMarketing Hubもしくは、Sales Hubの有料版をご利用されると、

以下のような流れになり、現状の業務の効率化ができるかと存じます。

 

① お客様が資料請求

② HubSpotに設定した自動返信文面(テンプレート)を自動送信

③ HubSpotのドキュメント機能を用いて②の文面内に、資料をDLできるリンクを設置(ファイル添付ではございません)

④ 特定の指定した条件によっては、『取引』として案件情報を登録

⑤ 登録された『取引』にかんして、営業担当者がコミュニケーションを開始

⑥ 営業状況の一元管理

 

以上、ご参考になれば幸いでございます。

元の投稿で解決策を見る

S-Saito
参加者

@Keit さま

早速のご返信ありがとうございます。

なるほど。

 

因みに有料版ですと、

Starterで対応できる認識で良かったでしょうか?

 

頂いたご連絡で恐れ入ります。

 

Keit
解決策
ガイド役 | Diamond Partner

@S-Saito さま

 

Starterでも機能制限がございますが、実現可能です。

 

少々複雑なのですが、Marketing Hub StarterとProfessionalの違いですが、

自動返信メールのテンプレートのデザインを自由に設定ができたり、

フォームの入力項目で条件分岐を行い、違う種類のメール送信ができるようになります。

その他、ブログ機能や、ソーシャルメディア管理機能など、WEBマーケティングを行うための機能が付与されます。

 

一方、Sales Hubですが、無料版であればドキュメントが登録できるのが、5ファイルまでなのに対し、

Starterプランであれば、5000ファイルまでアップロードできます。

SalesHubに関しましては、利用される人数と、案件担当者の自動割当などを利用するかで、

StarterかProfessionalかをご判断されるとよろしいかと思います。

 

今回のご要件であれば、以下のいずれかのプラン選定がよろしいかと存じます。

 

・Marketing Hub Starter + Sales Hub Starter 

・Marketing Hub Professional + Sales Hub Starter

 

上記、ご参考になれば幸いでございます。

元の投稿で解決策を見る