(ワークフローによって、)コンタクトのオプトイン・アウト状況を自動変更することは可能か?

nakamura1
投稿者

 

いつもお世話になっております。HUBSPOT初心者です。

五月雨質問となり申し訳ございません!!!><

現在無償版を使っているためワークフロー機能で可能な範囲がよく分かっておりません。

 

下記条件において、HUBSPOTフォームにおけるコンタクトのアクションをトリガーにして、コンタクトのオプトイン・アウト状況を自動変更することは可能でしょうか?

ワークフローで可能なのではと思っておりますが、ワークフロー設定ではない方法もあれば、設定手順も教えていただければ幸いです。

 

 ※条件

  • HUBSPOTフォーム:セミナー参加の登録フォーム
  • フォームには、セミナー参加者の入力項目及び、オプトイン取得に関する文言をテキスト挿入。
  • トリガー:コンタクトが「(セミナー参加)登録ボタンを押下」すること

 

恐れ入りますが、宜しくお願い致します。

0 いいね!
7件の返信
neemo
トップ投稿者 | Solutions Partner

@nakamura1 さん、こんにちは。

 

残念ながら、ワークフロー機能は無償版では対象外になります。

https://knowledge.hubspot.com/jp/workflows/create-workflows

 

簡単で恐縮ですが、以上、ご参考になりましたら幸いです。

natsumimori
コミュニティーマネージャー

@nakamura1 さん、ご質問ありがとうございます!

こちらのナレッジベースの「ワークフローを使用してコンタクトのサブスクリプションステータスを更新する」が該当している機能だと思いますので、ご覧になってみてください。ちなみに設定画面はこのような感じです↓

名前のないワークフロー_-_Fri_Jul_16_2021_12_19_16_GMT_0800___HubSpot.png

(*ナレッジベースにも記載されていますが、コンタクトが自分自身でオプトアウトした場合は、このワークフローを使って再オプトインさせることはできません)

marykashima
トップ投稿者 | Platinum Partner

@natsumimori さん
すみません、ちょっと質問から外れるかもしれないのですがオプトアウトした人が

https://knowledge.hubspot.com/jp/email/understand-opt-in-consent-for-email

の通りフォームCVすることで自動的に再オプトインとみなすという認識なんですが、合ってますか?

 

だので、 @nakamura1 さんがやろうとしているフォームの条件なら勝手にオプトインする仕組みなんじゃないかな…と。

よろしくお願いします。

 


Mary Kashima
HubSpot Community Champion
株式会社クリエイティブホープ
HubSpotプラチナパートナー
natsumimori
コミュニティーマネージャー

@marykashima さん

自分のアカウントでテストしたところ、コンタクトがマーケティングEメールのフッターリンクからオプトアウトしている場合、フォーム送信では再度オプトインになりませんでした。なのでその場合は、コンタクト自身がフッターリンクから購読設定をオプトインにするか配信再登録Eメールからオプトインする必要がありますね><

新規訪問者がフォーム送信した時には、(フォームで指定された)サブスクリプションタイプにオプトインしたこととなりました。

marykashima
トップ投稿者 | Platinum Partner

@natsumimori 回答ありがとうございます。というかこちらにナレッジベースありましたね!


@nakamura1 

> コンタクトのオプトイン・アウト状況を自動変更
についてお伝えすると記載されている条件ではオプトインはできます。
オプトアウトは状況が違います。

 

  • オプトイン:ユーザーが条件フォームにCVすれば自動的にオプトインになる。
  • オプトアウト:ユーザーの意思で解除しているなら、管理側で操作できない。ユーザーがこちらの方法を用いて再オプトインすることはある。

参考になれば幸いです。


Mary Kashima
HubSpot Community Champion
株式会社クリエイティブホープ
HubSpotプラチナパートナー
nakamura1
投稿者

@natsumimori @marykashima 

ご回答ありがとうございます!

 

上記条件において、

<<オプトイン>>

  • GDPR機能を有効にしてワークフロー設定をしていれば、フォームにおける顧客アクションをトリガーにして、HUBSPOT上で コンタクトのステータスをオプトインにすることは可能。
  • GDPR機能を無効のままワークフロー設定しなければ、フォームにおける顧客アクションをトリガーにして、HUBSPOT上で コンタクトのステータスをオプトインにすることは不可。ただし、HUBSPOT上は オプトインステータスになっていないが、法的にはオプトイン取得できている状態。

 

<<ダブルオプトイン>>

  • マーケティングEメールのフッターリンクからオプトアウトしている場合、フォーム送信では再度オプトインにならない。そのため、こちらの方法を用いて、 オプトインする必要がある

と理解しました。ありがとうございます!

もし認識齟齬がございましたら教えていただきたいですm( )m

 

マーケティングEメールのフッターリンクを使わずなにかしらのコンタクトのアクションをトリガーにして、コンタクトのステータスを自動でオプトアウトにすることが可能であればいいなあ、と思ったのですが、ワークフローを用いる場合はGDPR機能を有効にしない限り難しいのでしょうか・・・><

marykashima
トップ投稿者 | Platinum Partner

@nakamura1 オプトイン、オプトアウトの行為は管理側で関与できるエリアではありません。

ワークフローで操作できる類似の動作としては以下です。

 

  • サブスクリプションタイプをオン、オフにする(特定のサブスクリプションタイプのメールしか送信できない)
  • MarketingContactをオン、オフにする(企業側からEメール機能経由でメール出せない、広告に使えない)

オプトアウトをされてしまうと、HubSpotのSales HubやService Hub、CRM経由からのOne2Oneメールも送信拒否になってしまいますので、完全なるお別れの象徴です。

サブスクリプションタイプやMarketingContactを用いて顧客と正しい距離の接点を維持されるのが良いかと思います。

 

参考になれば幸いです。


Mary Kashima
HubSpot Community Champion
株式会社クリエイティブホープ
HubSpotプラチナパートナー