ファネルレポートの作成について

解決
SunshineMasa
参加者

お世話になります。

現在会社にてテレマーケティングを行っております。

チームで架電を行っており、それぞれのチームで集計しております。

架電をしたものをダッシュボードに集め、ファネルとして集計する場合はどのようにすればいいのでしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。

 

 

 

0 いいね!
1件の承認済みベストアンサー

受理された解決策
tkr_fjwr
解決策
参加者 | Solutions Partner

無料版のタグがついているのでその前提で回答します。

2通りやっているケースがあると思います。

①コンタクト単位でリードとして扱い、ライフサイクルステージで管理するパターン。

 この場合はアポイントや商談になってから取引を作り、

 商談化してからの細かいファネルは取引の取引ステージ側で管理する形になります。

 

②リード化した時点で取引を作成し、取引の取引ステージでファネル管理をするパターン。

 この場合はコンタクトのライフサイクルステージは使いません。

 

①がHubspotのデフォルトの形ですし、個人的にも推奨の形と考えておりますが、

一方でファネルが分かれる部分への抵抗があり、実態は②で利用している企業も多い印象です。

 

なお①でも②でもデフォルトのファネルレポートのテンプレートがあるので、

一定の状況把握には無料版でも耐えうると思います。

詳細はデフォルトのレポートでコンタクト、取引で絞り込んで、

見ていただければすぐ見つかるかと思います。

Takeru Fujiwara/Pyram,Inc

元の投稿で解決策を見る

4件の返信
tkr_fjwr
解決策
参加者 | Solutions Partner

無料版のタグがついているのでその前提で回答します。

2通りやっているケースがあると思います。

①コンタクト単位でリードとして扱い、ライフサイクルステージで管理するパターン。

 この場合はアポイントや商談になってから取引を作り、

 商談化してからの細かいファネルは取引の取引ステージ側で管理する形になります。

 

②リード化した時点で取引を作成し、取引の取引ステージでファネル管理をするパターン。

 この場合はコンタクトのライフサイクルステージは使いません。

 

①がHubspotのデフォルトの形ですし、個人的にも推奨の形と考えておりますが、

一方でファネルが分かれる部分への抵抗があり、実態は②で利用している企業も多い印象です。

 

なお①でも②でもデフォルトのファネルレポートのテンプレートがあるので、

一定の状況把握には無料版でも耐えうると思います。

詳細はデフォルトのレポートでコンタクト、取引で絞り込んで、

見ていただければすぐ見つかるかと思います。

Takeru Fujiwara/Pyram,Inc

元の投稿で解決策を見る

SunshineMasa
参加者

ご回答ありがとうございます。

現在 会社 単位で操作をして、リードの扱いは独自のプロパティを2つ作成しており、「電話対応結果」「お断り↔︎成約」までのチェックボックスを使って進捗管理をしておりました。。

 

①の管理方法であると、何件架電して、初手に断られてしまった数の集計ができないと判断しました。

 

②の「リード化した時点で取引を作成する」となれば、架電した時点でリードとすればファネルが作成できると思いました。

ありがとうございます。

0 いいね!
tkr_fjwr
参加者 | Solutions Partner

ちなみにコール数はアクティビティのコール登録をすれば、誰が誰に何件コールしたかを簡単に拾えるので、こちらを使うのをお勧めします。コールのアクティビティにはコール結果もデフォルトのマスタになりますが、結果登録もできるのでこの形もコール結果の管理の仕方としては一つかと思います。

ご参考まで。

Takeru Fujiwara/Pyram,Inc
SunshineMasa
参加者

ありがとうございます。

0 いいね!