日本語ブログ

natsumimori
Por: Gerente da Comunidade
Gerente da Comunidade

Google とYahooが導入する新しいEメール配信要件への対応について

迷惑EメールやスパムEメールへの対策がますます重視される中、これまで推奨事項とされてきた配信設定のベストプラクティスが、今後は送信者の信頼性を高めるために欠くことのできない必須条件になるでしょう。 

 

2024年2月以降、Google とYahooはEメールの送信者に特定の認証要件を課すとともに、配信の同意や、クリックなどのエンゲージメントをめぐる重要なポリシーの更新を行います。新しい要件を満たしていない送信者のEメールは、遅延が発生したり、配信拒否されたり、スパムとして分類されたりする可能性があります。Google とYahooによる今回の発表は突然のことのように思えるかもしれませんが、実はこれらの要件は、Eメールの到達可能性を向上させるための標準的なベストプラクティスとして以前から推奨されてきたものです。

 

 

スパムや迷惑Eメールが増加する中、Google やYahooなどのEメール サービス プロバイダー側でも、ユーザーを保護するためのシステムを強化し、不正なEメールと正当なEメールを区別しやすくできるように努めているのです。この記事をお読みの皆さんは、今回の更新が一体何を意味するのか疑問に思われているかもしれませんが、ご心配は要りません。新しいEメール配信要件を満たすためにHubSpotで今すぐ対応すべきことを、以下のガイドにまとめました。ぜひご参照ください。

 

HubSpot Marketing Hubをご利用のお客さまや、個人用EメールをHubSpotに接続しているお客さまが知っておくべき重要な要件は、次の3つです。1つ目は、Eメールの認証にSPF、DKIM、DMARCを使用すること。2つ目は、受信者がEメールを簡単に配信停止できるようにすること。3つ目は、未承諾のEメールまたは迷惑Eメールを送信しないことです。 

 

①Eメール認証

認証は、送信者が自分の送信するEメールを正当化するための方式です。GmailとYahooに送信するEメールでは、来年2月以降、SPF、DKIM、DMARCの3つの認証方式が必須の要件となります。これらの方式で認証されていないEメールは、5.7.26エラーで拒否されたり、迷惑メールに分類されたりする可能性があります。 

 

なお、 Eメール送信ドメインを設定するだけでは要件を完全に満たすことはできません。[送信者アドレス]で接続済みドメインが使用されていること、そして、そのドメインがDKIMまたはSPFで認証されていることが非常に重要になります。マーケティングEメールを作成する際に、接続済みドメインを使用せずにEメールを保存または送信しようとしすると、警告と提案が表示されます。現在実施中の他のキャンペーンも確認し、提案が表示された場合、その内容に応じて[送信者アドレス]を更新することをお勧めします。

 

HubSpotから送信するマーケティングEメールの認証要件について、詳しくは以下のリソースをご参照ください。 

  1. Eメール送信ドメインを接続してDKIMを設定する
  2. HubSpotをSPFレコードに追加する
  3. DMARCポリシーをHubSpotで使用する 

 

マーケティングEメールの送信にHubSpot以外の製品を使用している場合、これらの設定はHubSpot内では管理されていないため、DNS認証についてのご質問は、社内のネットワーク管理者またはITチームにお問い合わせいただくことをお勧めします。Eメール認証の重要性と、認証が到達可能性に及ぼす影響については、こちらのブログ記事(英語)をご覧ください。 

 

②簡単な配信登録解除

今後は、Eメールの受信者が簡単に配信停止できるように設定することが送信者側に対する要件となります。受信者がEメールの配信を希望しない場合、配信停止の手続きをワンクリックで行えるようにしましょう。配信停止ボタンを見つけにくい場所に配置したり、いくつもの質問に答えなければ配信を停止できないような手法は通用しなくなります。
HubSpotでマーケティングEメールを送信する際には、フッターに配信停止リンクを挿入することが既定の条件となっていますのでご安心ください。HubSpotに接続している個人のEメールアカウントから送信する場合は、配信停止リンクは自動的には挿入されません。詳しくは、1対1のEメールに登録解除リンクを追加するナレッジベース記事を確認して、新しい配信要件を満たせるようにしましょう。 

 

③受信者の承諾のないEメールを送信しない

受信者の明確な同意なしに、Eメールを送信すべきではありません。

迷惑メール率が0.30%以上の状態が続くと、Eメールのパフォーマンス低下に影響し、遅延が生じたり、スパムとして分類されたり、バウンス率が高くなったりする可能性があります。送信したEメールが受信者に届くことを保証するためには、迷惑メール率を0.10%未満に維持しましょう。  

 

Yahooの迷惑メール率は、HubSpot内[スパムレポート]でご確認いただけます。Google は独自のフィードバックループプログラムを使用しており、送信者やキャンペーンごとの集計レポート生成によってユーザーのプライバシーを保護しているため、Gmailの迷惑メール率はHubSpot内では追跡されません。Gmailの迷惑メール率を監視するためには、Google Postmaster Tools(GPT)への登録をお勧めします。

 

GPTでは、スパムレポート、ドメインの評価に関するデータ、配信エラーなど、Gmailに対する大量の送信Eメールデータを追跡できます。これはHubSpotが管理しているプログラムではありませんので、セットアップやトラブルシューティングの追加サポートについては、Gmailヘルプセンターをご覧ください。

 


YahooとGmailで2024年2月に新しく導入されるEメール配信要件への対応は、一見難しそうに思われるかもしれません。しかし、新要件の適用期間にわたってHubSpotの担当者が丁寧にサポートいたしますのでご安心ください。HubSpotから送信するマーケティングEメールの認証要件設定方法や対応方法についてご不明な点やご懸念点などがある場合は、HubSpotのカスタマーサポートへお問い合わせください。また、Google の公式ページでガイドラインをご確認されることもお勧めします。

1 Comentário