HubSpot入門

コミュニティーマネージャー

HubSpotは、インバウンドマーケティングを実践したり、ビジネスを成長させるためのツールを提供しています。

 

HubSpotにはマーケティング、セールス、サービスの機能があり、フライホイールのAttract(惹きつける)、Engage(関係を築く)、Delight(満足させる)というそれぞれの段階をサポートします。そしてその中心にあるのがCRMです。

 

フライホイール.png

 

(HubSpotブログ「ファネルからフライホイールへ:HubSpotに置けるビジネスモデルの転換」)

 

HubSpotアカウントにログインすると、一番上にナビゲーションメニューがあります。このナビゲーションメニューからコンタクト情報やその他のツールにアクセスできます。

CRMとそこに蓄積されるコンタクトはHubSpotアカウントの根幹です。

HubSpotでは、新規リード、既存顧客、その間に位置づけされる人、全てをコンタクトと呼びます。

 

ナビゲーションメニュー.png

 

HubSpotアカウントでコンタクトレコードを見ると、3つのコラムがあります。左のコラムにはそのコンタクトの情報、中央にはそのコンタクトとのやり取りのタイムライン、右のコラムにはそのコンタクトに紐付くレコード(会社や取引)が表示されています。

 

コンタクトレコード.png

 

全ての会社レコードを閲覧するには、ナビゲーションメニューで[コンタクト→会社]と進みます。

 

コンタクトレコードは、その人物とのやり取りとその人に与えたインパクトを見ることができる強力なツールです。自社のインパクトを測るのには、ダッシュボードを見ることも重要です。プロスペクトと顧客をどのように惹きつけ、関係を築き、満足させているか、自社のパフォーマンスのレポートを閲覧します。ダッシュボードにはナビゲーションメニュー一番左側のHubSpotアイコンをクリックしてアクセスします。

 

プロスペクトや顧客と関係を築くのに有効なのがコミュニティーション機能です。ウェブサイトを訪れる訪問者とリアルタイムでチャットし、速やかに質問に回答することができます。

 

ナビゲーションメニューの[マーケティング]をクリックすると、広告やEメール、ウェブサイトデザイン、ブログなどのツールにアクセスすることができます。メニューの[セールス]、[サービス]からもアクティビティーをトラックし商談を成立させ、リードと関係を築き、満足してもらい続けるためのツールにアクセスすることができます。

 

最後に紹介するのは自動化機能です。シーケンスとワークフローを使って、顧客が必要なことを必要な時に素早く提供します。

 

そして、ナビゲーションメニュー一番右側のアカウント名をクリックすると、[HubSpot Academy]に移動します。HubSpotを最大限に利用するためのマーケティング・セールス・サービスに関するコースを受講することができます。

0 返信

この投稿にはまだ回答がありません

この投稿にはまだ回答が寄せられていません。しばらく経ってからもう一度ご確認ください。また、役に立つ情報をご存じの場合はぜひ回答を投稿してください。

投稿に回答する

回答の仕方についてご不明な場合は、コミュニティーのガイドラインをご覧ください。