チャットとボットの使い分け

解決
Highlighted
常連投稿者

チャットボットを利用したいのですが、ボットを使用した方がよい場合とチャットを使用した方がよい場合の判別がついていません。

 

チャットの場合は担当者とライブチャットになり、ボットは担当者がつかない、ということだと理解しているのですが、そうだとするとボットを使った方がよい場合がいつなのか、よくわかりません…

 

実際にどういう使い分けをしているか、アドバイスいただけると助かります!

0 いいね!
1件の承認済みベストアンサー

受理された解決策
Highlighted
解決策
一般投稿者 | Solutions Partner

Takashima様、

 

お世話になっております。

株式会社NADJAの濱口です。

 

結論としては

【常に手動での対応が一番いい】になると思います。

ですが、コストやリソースの面で負担が大きくなるのでチャットボットの検討をしていらっしゃるのかと推測いたします。

 

ToBにせよToCにせよ、できるだけ手動、できない部分はボットがいいと思います。

下記に具体例を提供いたします。

 

【ToB事業】

業務時間内は手動、業務時間外はボットのみ。

 

【ToC事業】

原則ボットのみ。メール、電話での個別返信を希望するお客様には24時間以内の返信対応。

 

以上です。

ご参考になれば幸いです。

株式会社NADJA

代表取締役/CEO

濱口 雄太
08025107962
yutahamaguchi@nadja.biz
https://www.nadja.biz
東京都新宿区 高田馬場 1丁目32番10号
facebooktwitterlinkedin

元の投稿で解決策を見る

3件の返信
Highlighted
解決策
一般投稿者 | Solutions Partner

Takashima様、

 

お世話になっております。

株式会社NADJAの濱口です。

 

結論としては

【常に手動での対応が一番いい】になると思います。

ですが、コストやリソースの面で負担が大きくなるのでチャットボットの検討をしていらっしゃるのかと推測いたします。

 

ToBにせよToCにせよ、できるだけ手動、できない部分はボットがいいと思います。

下記に具体例を提供いたします。

 

【ToB事業】

業務時間内は手動、業務時間外はボットのみ。

 

【ToC事業】

原則ボットのみ。メール、電話での個別返信を希望するお客様には24時間以内の返信対応。

 

以上です。

ご参考になれば幸いです。

株式会社NADJA

代表取締役/CEO

濱口 雄太
08025107962
yutahamaguchi@nadja.biz
https://www.nadja.biz
東京都新宿区 高田馬場 1丁目32番10号
facebooktwitterlinkedin

元の投稿で解決策を見る

Highlighted
常連投稿者

私はミーティングブッキングだけボットを使用しています。それ以外は全てチャットです。

ちなみに以下のような感じです。

 

*ミーティングブッキングボット:8ページに使用

*チャット:2ページに使用

 

弊社の場合、チャットは2ページにしか使っていないので、担当者不足で困るということにはまだなっていないです!

Highlighted
常連投稿者

お二人ともご返答感謝です!

 

まだそこまで問い合わせもないので、当面の間はチャットで手動対応にしたいと思います。

ありがとうございました!

0 いいね!