ヒント&ナレッジシェア

natsumimori
コミュニティーマネージャー
コミュニティーマネージャー

HubSpot入門⑥ インポートの基本〜複数オブジェクト編〜

HubSpot入門⑤で1つのオブジェクトのインポート方法を説明しました。今回は、複数オブジェクトの関連付けインポートを説明します。(ナレッジベース:複数のオブジェクトをインポートして関連付ける

 

オブジェクトとは、入門⑤で紹介した通りコンタクトや会社、取引、チケットのことです。複数のオブジェクトを関連付けてインポートする方法には1つのファイルを使用する場合と2つのファイルを使用する場合があります。ここではオブジェクト毎にファイルを作成する、”2つのファイルを使用する”方法を紹介します。

 

例:コンタクトファイルと会社ファイルをそれぞれ作成し、同時にインポートすることで関連付けることができる。

 

ではやってみましょう!コンタクトと会社を関連付けてインポートします。

 

ステップ1:ファイルを用意する

入門⑤と同じ要領でファイルを作成します。コンタクトデータの入ったファイルと会社データの入ったファイル2つを作ります。

 

関連付けインポートで最も重要なのが「一意のキー」(または一意のID)という列をファイルに入れることです。これはどのコンタクトとどの会社が関連付けられるべきか、システムに理解させるために必須です。関連付けファイル.png

 

この一意のキーは任意で設定できますが、次の方法でキーを取得することも可能です。

  1. 用意した二つのファイルのうち、どちらかだけ先にインポートする。(詳しくは入門⑤をご覧ください)
  2. 例えばコンタクトを先にインポートした場合、それらを全てエクスポートする
  3. エクスポートしたファイルをダウンロードする。
  4. ダウンロードしたファイルには、コンタクトIDという列が自動的に含まれている。
    エクスポートファイル.png
  5. コンタクトIDを、会社ファイルの、対応する会社の行に入力する。
    Contact_IDを入れた二つのファイル.png

これで一意のキーが設定でき、ファイルは完成です。

 

ステップ2:インポートする

まずは任意で一意のキーをつけた場合です。

「複数ファイルと関連付け」を選び、インポートするオブジェクトタイプを選びます。例ではコンタクトと会社です。そして作成したファイルをそれぞれ指定された所にアップロードします。

任意のキーバージョン.gif

 

「共通の列ヘッダーを選択」というドロップダウンで、一意のキーにしたヘッダーの名前を選びます。例では「共通のキー」というものです。そしてマッピングに進みます。オブジェクト別にマッピングをします。一意のキーは関連付けに使用するだけでインポートしなくてよいので、「列をインポートしない」を選びます。

任意のキーバージョン2.gif

 

これでインポート完了です。問題なくコンタクトと会社が関連付いています。

任意のキーバージョン3.gif

 

次は、エクスポートしてContact IDを使用した場合です。

 

「複数ファイルと関連付け」を選び、それぞれのファイルをアップロードします。先ほどと違うのは、「HubSpotからエクスポートしたContact IDを使用して既存のコンタクトを更新」にチェックを入れることです。

Contact IDバージョン.gif

 

「共通の列ヘッダーを選択」というドロップダウンでは、Contact IDを選びます。そしてマッピングをします。

Contact IDバージョン2.gif

 

インポート完了です!任意でキーをつけた場合と同じように、コンタクトと会社を関連づけることができています。

Contact IDバージョン3.gif

 

関連付けインポートは多くのユーザーの方が最初に躓くポイントなので、この投稿が役立ちましたら幸いです!

 

*「HubSpot入門まとめ」はこちら

4件の返信
SenaHiyori
参加者

HubSpot入門⑥ インポートの基本〜複数オブジェクト編〜

質問です。

会社同士を関連付けして関連会社に表示させたいのですが、

インポートで行うことはできず、すべて手動で行う必要がありますでしょうか?

0 いいね!
natsumimori
コミュニティーマネージャー
コミュニティーマネージャー

HubSpot入門⑥ インポートの基本〜複数オブジェクト編〜

@SenaHiyori さん、コメントありがとうございます!

親子関係にある二つの企業を関連付けることができますが、これは現状、インポートなどの一括操作では関連付けできず、手動で行う必要があります😓

 

HubSpot Ideas Forumで”親会社、子会社をインポート経由で関連付けできるようにしてほしい”というご要望が挙がっていたので、こちらにリンクします:Import Parent Child Relationships for Companies

このスレッドのプロダクトチームからのコメント(2020年3月30日付)によると、その時点ではこの機能の開発は予定されていないとのことでした。代わりにTrujayImport2という連携機能が紹介されており、これらを利用すると親会社、子会社をインポートで関連付けできるようです。

 

0 いいね!
T_Taguchi
メンバー

HubSpot入門⑥ インポートの基本〜複数オブジェクト編〜

インポートに関する情報ありがとうございます。


「会社」と「コンタクト」をひと通りインポートした後に、
1つの「会社」と複数の「コンタクト」に関連づいた「取引」をインポートしたいのですが、どのような手順をとるのがベターでしょうか。

CSVの1行あたり1つの関連のみインポートできる場合、一度「取引」をインポートした後に、『取引ID』の列と『コンタクトID』や『会社ID』を使ってHubSpotにインポート済みの「取引」を更新していくイメージでしょうか。

IDがAの「取引」に複数のコンタクトを関連付けさせる場合、
以下のようなCSVを作成すれば、複数の関連付けを行うことができますでしょうか。

取引ID, コンタクトID
A, ○○さんのコンタクトID

A,  XXさんのコンタクトID

 

0 いいね!
Shibakai
投稿者

HubSpot入門⑥ インポートの基本〜複数オブジェクト編〜

取引のインポートは通常通り、取引情報と関連づけたいコンタクトのIDを書いたファイルでやるのがよいのではないでしょうか?私はこちらのような手順で行いました

  1. コンタクトIDと取引情報が入ったファイルをインポートする
  2. コンタクトIDの欄を会社ID欄に変えて再度インポート

IDのみでインポートできるかは試したことがないのでわかりませんが、IDだけのファイルだとどれがどれかわからなくなりそうなので、取引情報くらいは残しておいた方がいいのかなと思いました。(感想ですみません; )