ヒント&ナレッジシェア

OliviaB
HubSpot Employee
HubSpot Employee

マーケティングEメールへの返信を元に自動化する方法

HubSpotのマーケティングEメールには、返信をトラックする機能がありません。マーケティングEメールは基本的に返信するものではない、という考えに基づいています。しかし、マーケティングEメールへの返信をトラックし、それに基づき自動化を走らせたいという場合には、ワークアラウンドがあるので参考にしてみてください。

 

マーケティングEメールへの返信は”返信先アドレス”のインボックスに送られるので、以下のステップをとることで返信に基づきワークフローを作ったり、リストを作ったりすることができます。

 

①マーケティングEメールを返信した時の返信先アドレスになるインボックスを、コミュニケーション受信トレイとして接続する。これが完了したら、マーケティングEメールへの返信はコミュニケーション受信トレイで見られるようになり、また、コンタクトレコードにもログされます。

 

②マーケティングEメールを作成する際、”送信者アドレス”のところに返信先として使いたいアドレスを選択します。コミュニケーション受信トレイに接続されている全てのアドレスがオプションとして表示されます。

 

olivia_1.png

 

③マーケティングEメールの返信は、”Re:”+元の件名です。(例”Re: 春のキャンペーン”)

 

④”コミュニティーテストメール”というマーケティングEメールに返信したコンタクトをリスト化したい場合、アクティビティーのプロパティー”Email subject”を使用します。「Email subjectに”Re: コミュニティーテストメール”のいずれかが含まれる」とフィルターをかけることで、コンタクトレコードに”Re: コミュニティーテストメール”というメールのログがあるコンタクトが抽出されます。

 

Olivia2.png

 

⑤同様のフィルターはワークフローでも使えます。このワークフローを作れば、マーケティングEメールに返信したかどうかで自動化を走らせることが可能です。

 

Olivia_3.png

0件の返信

0 コメント

この投稿にはまだ回答がありません

この投稿にはまだ回答が寄せられていません。しばらく経ってからもう一度ご確認ください。また、役に立つ情報をご存じの場合はぜひ回答を投稿してください。

投稿に回答する

回答の仕方についてご不明な場合は、コミュニティーのガイドラインをご覧ください。