【ディスカッション】カスタムプロパティーを作りすぎて失敗しないためのベストプラクティス

natsumimori
コミュニティーマネージャー

HubSpotでは、既定のプロパティーに加えてカスタムプロパティーを作成することができます。ビジネスのニーズに合わせて自由にプロパティーを追加できるので便利ですが、このカスタムプロパティーを作りすぎて収拾がつかなくなるということもあります。

 

このスレッドでは、カスタムプロパティーを作りすぎて失敗しないようにするためのベストプラクティスについてディスカッションしていきましょう。アイデアや実践している方法があればぜひ返信で教えてください💡

 

シチュエーション

プロパティー作成の権限を数人にしか与えていないにも関わらず、プロパティーリストがめちゃくちゃになっています。

ビジネスの性質上、アンケートや懸賞など、一度きりしか使用しないプロパティーを作成する必要があり、代替案もないので作り続けてきました。その結果、カスタムプロパティーが増えすぎて管理が追いつかない状態になってしまいました。どうすべきでしょうか?

 

過去に提案されたベストプラクティス①

正しい名前がつけられ、明確な説明があり、レビューしやすいようにグループ分けされていれば、一度だけの使用のためにプロパティーを作っていても特に心配しなくて良いでしょう。

 

ここで目標とすべきは、それぞれのプロパティーが、使用すべき時とそうでない時が直感的にわかるよう命名されていることです。混乱を避けるため、キャンペーン終了後は「”Aチームのみ使用可”」や「”使用禁止 レガシープロパティー”」などをプロパティー名に追加する方法がおすすめです。

 

また、定期的にプロパティーリストの整理をすることもベストプラクティスです。複数のユーザーがカスタムプロパティーを作っている場合、全てのプロパティーをダウンロードしてそのエクスポートファイルをユーザー全員と共有し、(プロパティーの作成者ごとに)どのプロパティーがまだ必要なのか、どのプロパティーを削除して良いのかチェックをしてもらう方法が良いのではないでしょうか。

 

過去に提案されたベストプラクティス②

一度だけ必要なプロパティーを作り続けるより、チェックボックスタイプのプロパティーを活用することが良いのではないかと思います。例えば、アンケート用という複数チェックボックスタイプのプロパティーを作ります。そうすれば、新規のアンケートを実施する際、そのアンケート用プロパティーにオプションを追加するだけで済み、一度しか使わないプロパティーが乱立するのを防げます。

 

 

上記は過去にCommunityで提案されたベストプラクティスの一例です。自分であればどのような対策をとるでしょうか。上記の方法を実践されている方はいますか?それとも全く別のアイデアや実践しているベストプラクティスがありますか?

0 いいね!

0 コメント

この投稿にはまだ回答がありません

この投稿にはまだ回答が寄せられていません。しばらく経ってからもう一度ご確認ください。また、役に立つ情報をご存じの場合はぜひ回答を投稿してください。

投稿に回答する

回答の仕方についてご不明な場合は、コミュニティーのガイドラインをご覧ください。

0件の返信